コンビニのチョコとアイスの美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ

THE富士山バー!ロッテがくり出す夏にぴったりな氷系アイス商品

f:id:tukkoman:20200701003223j:image

THE富士山バー】を実際に購入して食べてみました。
(2020年6月30日発売 約108円)

 

青いソーダと白いソーダの味わいが楽しめる、富士山をイメージしたアイスバーとの事です。

見たこともないようなアイスなのでマイナーな業者が作ったアイスのような感じの印象を受けますが、お菓子メーカー最大手のロッテが作ったアイスです。 ロッテも夏に向けて氷系のアイスを新しく勝負として出してきたような感じでしょうか。

f:id:tukkoman:20200701175423j:image

パッケージだけ見てみると富士山のような形のするアイスというものでしか情報がないのですが、 インパクト自体は強いのでアイス自体はどんな味がするのか気になる感じの商品です。

 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20200701003223j:image

食べた瞬間の印象としては某サイダーアイスと結構似ており形だけが違うのかなあという印象を受けますが、食べてみると作っている工程から違うなーという感じの印象を受けます。

結構周りは固く歯応えはかなり強いですね。食べてみるとアイスは2層になっており周りは固いですが、中のアイスは氷の粒があるのではなく雪が固まったような細かい氷の粒が密集しているアイスですね。

味はイメージよりはサイダーの味は強いです、しかし舌に残るような強さではなく氷の質が良いのか後味は水を飲んだようなさっぱりする感じです。

 


 今回はその【THE富士山バー】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
 

f:id:tukkoman:20200705091554j:image

市販アイス新商品ランキング!2020年で美味しいアイスはこれだ!【随時更新】

THE富士山バーのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20200701003223j:image

パッケージを見てみるとやはり一番最初にインパクトは目につくのが富士山バーというタイトル商品と画でしょう。 特にアイスのデザインなんて普通のアイスの形と違い、ポテトチップスの波のような感じのインパクトが強いです。

デザインに目をいきがちになってしまっていますが、大きさや形なのは通常のアイスと大きさや形自体は変わりません。

 

THE富士山バーの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20200701175446j:image

『THE富士山バー』の原材料を見てみると特に何か加えていると言う訳で はなく普通に氷果と変わらないような原材料です。 ただ唯一特殊なのはりんご果汁といったところですが果たしてどんな感じの味になるんでしょうか。

【内容量】

100ml

【原材料】

砂糖、りんご果汁、異性化液糖、水あめ、乳製品、植物油脂/安定剤(増粘多糖類、寒天、セルロース)、酸味料、香料、スピルリナ青色素、乳化剤

THE富士山バー|アイス|お口の恋人 ロッテ

 

THE富士山バーのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20200701175456j:image

カロリーを見てみるとやはり氷系のアイスということでカロリーはかなり低めとなっている100kcalを切って92kcalです。 個人的には炭水化物以外は0gかと思いましたが氷系のアイスですが脂質があるのは珍しいです.。

栄養成分表示 1本当り:
エネルギー92kcal
たんぱく質0g
脂質0.4g
炭水化物22.1g
食塩相当量0.086g 

 

THE富士山バーを開けてみた

f:id:tukkoman:20200701175514j:image

開け方ですが通常の棒状のアイスと同じように上下のところにギザギザがありますので、そちらから切れ目を入れていただくと商品を取り出すことができます。また棒状のアイスですので棒の方から開けると手を汚れずに開けれます。

f:id:tukkoman:20200701175524j:image

スポンサーリンク
 

 

THE富士山バーを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20200701175541j:image

うん!某サイダーアイスと激似!(笑)

食べた瞬間の印象としては某サイダーアイスと結構似ており形だけが違うのかなあという印象を受けますが、食べてみると作っている工程から違うなーという感じの印象を受けます。

結構周りは固く歯応えはかなり強いですね。食べてみるとアイスは2層になっており周りは固いですが、中のアイスは氷の粒があるのではなく雪が固まったような細かい氷の粒が密集しているアイスですね。

味はイメージよりはサイダーの味は強いです、しかし舌に残るような強さではなく氷の質が良いのか後味は水を飲んだようなさっぱりする感じです。
 

THE富士山バーの外見

f:id:tukkoman:20200701175551j:image

外見に関しては富士山という商品名通り、形が富士山のような色と形を表現されているような感じで作られています。 この形に目を奪われがちですが、この波になっているように普通のアイスでは売っていないような形が特徴です。

 

THE富士山バーの断面

f:id:tukkoman:20200701175611j:image

THE富士山バー』の断面に関しては先ほども書いたように2層となっており結構周りは固めのアイスなのですが中は少し氷の粒子を細かくしたようなアイスがきっちり入っている感じの作りになっています。

 

THE富士山バーを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20200705025245j:image

THE富士山バー』を食べてみた感想ですが味に関してはソーダ味で某ソーダアイスの味にとても似ています。ただ食感やのくちどけなどを考えると、やはり少し違うような感じにのアイスだなーって感じです。

また見た目は他のアイスと違いインパクトはとても強いのでインスタ映えなど見せると人に驚かれるアイスかもしれませんね。

これがシリーズ化されれば、いろんなフレーバーとして使えそうですので今後はどういう展開になるかが楽しみです。

気になる方は食べてみてくださいね~。