コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !あの商品が必ずネット購入出来るサイト

生チョコトリュフ 至福のミルク!ブルボンの冬季限定のパウチチョコ菓子

f:id:tukkoman:20201119001118j:image

販売サイトはこちら

ジャンル

(ブランド) ブルボン トリュフ

(メーカーブルボン

(カテゴリーチョコ菓子

生チョコトリュフ 至福のミルク】を実際に購入して食べてみました。
(2020年11月17日発売 約194円)

 

生チョコレートが入ったとろける大粒トリュフです。生クリームとバターを使用しコク深く仕上げました。冬だけのなめらかなくちどけを楽しめる商品だそうです。

ブルボンは代表するトリュフが至福のミルクというフレーバーで登場で、しかもこちらの商品は普通のトリュフとは違い生チョコが使用していると言う商品でもあります。

f:id:tukkoman:20201119001127j:image

そんなこちらの商品ですが普通のトリュフと何が違うのか、そして生チョコを使うことによってどのような感じになっているのか気になる商品ですね。

 

【過去のブルボントリュフ商品】

ブルボン 贅沢トリュフ 宇治抹茶!フワッと香る抹茶と濃厚チョコのコラボなチョコ菓子

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20201119001118j:image

あー、やっぱりトリュフは美味い。

口の中に入れた瞬間はミルクが強めな味わいの感じなんじゃないかと思いましたが、食べていくごとにチョコレートのマイルドさなども感じられるような味になっております。

周りにはシュガーがかかっており少し甘さを感じられたりしますが味のメインとしてはミルクではなくチョコレートがメインのような感じの味わいではないでしょうか。

そして実は特徴は質感であり今までのブルボンのトリュフよりも、かなり柔らかい感じとなっており口どけに関しては、とても繊細な感じの印象を受けるチョコ菓子です。

ジャンル

(ブランド) ブルボン トリュフ

(メーカーブルボン

(カテゴリーチョコ菓子

 

今回はその【生チョコトリュフ 至福のミルク】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20201119012327j:image

スポンサーリンク
 

生チョコトリュフ 至福のミルクのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20201119001118j:image

パッケージを見てみるとコンビニなどで最近よく目にするチョコレートのパウチ商品と大きさや形などは 同じような感じの作りとなっております。 デザインに関しては全体的には白いような感じなのですが、少し高級感を出すような感じで周りが金色になってるのも特徴です。

 

生チョコトリュフ 至福のミルクの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20201119001256j:image
生チョコトリュフ 至福のミルク』の原材料を見てみると普通のチョコレートとは少し現内容が変わっており牛乳の代わりにクリーム、そしてお酒も洋酒などが入っており普通のチョコレートとは少し原材料が変わっているといった感じの印象を受けます。

【内容量】

50g
【原材料】

砂糖、全粉乳、植物油脂、ココアバター、クリーム(乳成分を含む)、カカオマス、乳糖、脱脂粉乳、脱脂濃縮乳、洋酒、ぶどう糖、バター、還元水飴、水飴、練乳粉末、マルトース、デキストリン、クリーミングパウダー(乳成分を含む) / 乳化剤(大豆由来)、ソルビトール、香料(乳由来)

 

生チョコトリュフ 至福のミルクのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20201119001315j:image

生チョコトリュフ 至福のミルク』のカロリーを見てみると1個あたり53kcalということで、そこまで高くないような印象を受けますが4つ食べるだけでチョコ菓子の平均カロリーですので、そう考えると1個あたりのカロリーは高いといった感じでしょうか。

エネルギー
53 kcal
たんぱく質
0.6 g
脂  質
3.5 g
-飽和脂肪酸
2.0 g
炭水化物
4.7 g
-糖質
4.6 g
-食物繊維
0.1 g
食塩相当量
0.02 g 

 

生チョコトリュフ 至福のミルクを開けてみた

f:id:tukkoman:20201119001325j:image

開け方ですが普通のパウチ商品と開け方は変わらない感じで上のところに切れ目がありますので、そちらから切っていただければ商品を開けることができます。また中はトリュフは小分けされているので保存などは凄く便利な作りになっています。

f:id:tukkoman:20201119001335j:image

スポンサーリンク
 

生チョコトリュフ 至福のミルクを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20201119001343j:image

あー、やっぱりトリュフは美味い。

口の中に入れた瞬間はミルクの風味が強くミルクが強めな味わいの感じなんじゃないかと思いましたが、食べていくごとにチョコレートのマイルドさなども感じられるような味になっております。

周りにはシュガーがかかっており少し甘さを感じられたりしますが味のメインとしてはミルクではなくチョコレートがメインのような感じの味わいではないでしょうか。

そして実は特徴は質感であり今までのブルボンのトリュフよりも、かなり柔らかい感じとなっており口どけに関しては、とても繊細な感じの印象を受けるチョコ菓子です。
 

生チョコトリュフ 至福のミルクの外見

f:id:tukkoman:20201119001352j:image

外見も見ていますとやはり普通のトリュフと違い全体的に白いような粉のようなものがかかっているのが特徴的です。周りの粉はシュガーの粉となっておりイメージ的には小麦粉のような感じの質感です。 触ると結構手に付きますので食べる時には気をつけてください。

 

生チョコトリュフ 至福のミルクの断面

f:id:tukkoman:20201119001359j:image

生チョコトリュフ 至福のミルク』の断面を見ていますと周りの白い粉の印象が強いのですが中を見てみると逆に全てが生チョコのような感じの黒いチョコレートの一色になります。 本当に周りの白い粉は生チョコに振りかけてあるだけという感じでしょうか。

 

生チョコトリュフ 至福のミルクを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20201119032909j:image

生チョコトリュフ 至福のミルク』を食べてみた感想としましてもミルクというフレーバーでもありますが感じられるのは最初だけで全体的にはチョコレートの味が強い生チョコレートという感じの印象です。

個人的には生チョコレートのような質感はとても美味しく感じられましたので、このシリーズを違うフレーバーで出しても面白いかもしれませんね。あとやはりブルボンのトリュフは美味しいです。

気になる方は食べてみてくださいね~。

ジャンル

(ブランド) ブルボン トリュフ

(メーカーブルボン

(カテゴリーチョコ菓子

 


 

コンビニチョコの新商品、発売日一覧

【チョコやアイスのランキング一覧】