コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !レビュー商品が購入出来るサイト

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ!コンビニで買えるカロリーや値段が気になるチョコ菓子

f:id:tukkoman:20210330182844j:image

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ】を実際に購入して食べてみました。

販売サイトはこちら

【ジャンル】

(ブランド) ガルボ

(メーカー) 明治

(カテゴリー) ホワイトチョコレート

(2021年3月30日発売 値段約216円税込)

 

便利なチャック付きパウチタイプ。カバンに入れて持ち歩いたり、ちょっとずつ食べたりなど、さまざまなシーンで活躍出来る商品だそうです。

ガルボのホワイトチョコレートのフレーバーでもある、香りとコクのホワイトが今回パウチ商品として新発売をしてきました。 ガルボのこちらのフレーバーはチョコレート小袋としては定番商品としても販売しているフレーバーです。

f:id:tukkoman:20210330182857j:image

そんなこちらの商品ですが、どのような感じでホワイトチョコレートのコクや甘さなどの表現をしガルボとして融合しているかが楽しみな一品ですね。

 

【過去のガルボ商品】

[https://www.oishiimonotabetai.work/archive/category/ガルボ:title=他にも過去

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20210330182844j:image

さすがのホワイトチョコ。

食べた瞬間はミルクの味と独特の甘さが強く感じられるような味でガルボ独特のクッキーのザクザクも健在です。

味に関してはホワイトチョコレートの味ではありますがミルクの美味しさと風味やコクも感じられ、そこに練乳のような甘さが加わってくるという感じの味わいです。

中のクッキーに関してはホワイトチョコレートも染み込んではいるのですがザクザクとした食感は残っており、食べるチョコレートとしての良いアクセントとなっている味わいとなっております。

【ジャンル】

(ブランド) ガルボ

(メーカー) 明治

(カテゴリー) ホワイトチョコレート

 

今回はその【ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。

f:id:tukkoman:20210331164823j:image

 

スポンサーリンク
 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20210330182844j:image

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ』のパッケージの形や大きさはコンビニなどのパウチ商品など大きさと形なのは同じような感じとなっております。 パッケージデザインに関してはガルボの小袋の商品と同じように全体的に白い感じのパッケージデザインになっています。

 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20210330182913j:image
ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ』の原材料を見てみるといろんなものを使われているという感じの原材料となっており、実はこちらの原材料は基本カカオマスが入っていないだけで他の原材料は他のガルボとほぼ同じといった感じの原材料となっております。

【内容量】

60g
【原材料】

砂糖(外国製造、国内製造)、植物油脂、ココアバター、全粉乳、乳糖、小麦粉、鶏卵、脱脂粉乳、クリーミングパウダー、植物油脂加工食品、卵黄、還元水あめ、食塩、ココアパウダー/加工デンプン、乳化剤、セルロース、光沢剤、酸化防止剤(V.C、V.E)、香料、膨脹剤、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20210330182924j:image

カロリーを見てみると363kcalということでこのカロリーはチョコ味の商品としてはかなりカロリーが高めという感じのカロリーとなっております。やはり小麦粉やチョコレートのカカオマスが使われていないとカロリーは上がってしまうという感じの印象を受けますね。

エネルギー
363kcal
たんぱく質
3.1g
脂質
25.4g
炭水化物
30.5g
食塩相当量
0.09g

スポンサーリンク
 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチを開けてみた

f:id:tukkoman:20210330182931j:image

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ』の開け方ですが普通のパウチ商品と開け方はほぼ変わらないような感じであり上の両サイドのところに切れ目が入っておりますので、そちらから切っていただけると下のような画のように商品を開けることができます。

f:id:tukkoman:20210331164838j:image

スポンサーリンク
 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20210331164846j:image

さすがのホワイトチョコ。

食べた瞬間はミルクの味と独特の甘さが強く感じられるような味でガルボ独特のクッキーのザクザクも健在です。

味に関してはホワイトチョコレートの味ではありますがミルクの美味しさと風味やコクも感じられ、そこに練乳のような甘さが加わってくるという感じの味わいです。

中のクッキーに関してはホワイトチョコレートも染み込んではいるのですがザクザクとした食感は残っており、食べるチョコレートとしての良いアクセントとなっている味わいとなっております。

 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチの外見

f:id:tukkoman:20210331164855j:image

外見を見てみると通常のガルボと大きさと形なのは 全く同じといった感じの外見となっております。そして外見の色合いに関してはホワイトチョコレートはベースとなっている商品となっているため全体的には白い感じの外見となっております。

 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチの断面

f:id:tukkoman:20210330183541j:image

断面を見てみると普通のガルボと同じように周りがチョコレートコーティングがされていますが中がクッキーという感じで、 中はホワイトチョコレートが染み込んでいるという感じの断面で普通のクッキーより、しっとりとしているような感じの印象です。

 

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチの販売や購入は、どこに売っている?食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20210402175236j:image

ガルボ 香りとコクのホワイト パウチ』を食べてみた感想としましてはミルクの味わいも強くコクなども感じられるような感じで味的にも練乳のような甘さが強く感じられる、とても濃厚な感じの ガルボではないでしょうか。

こちらの商品はパウチ商品ですとコンビニ限定の印象を受ける商品が多いのですが、こちらの商品は全国で発売される商品となっておりますので通販やコンビニ、スーパーやドラッグストアでも販売見かけることが出来る商品となっております。

気になる方は食べてみてくださいね~。

【ジャンル】

(ブランド) ガルボ

(メーカー) 明治

(カテゴリー) ホワイトチョコレート

 


 

【チョコやアイスのまとめやランキング一覧】

【過去のガルボ商品】