コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !レビュー商品が購入出来るサイト

たべっ子水族館 パウチ!値段や味やカロリーは?コンビニで買えるチョコ菓子

f:id:tukkoman:20230705193855j:image

たべっ子水族館 パウチ】を実際に購入して食べてみました。

販売サイトはこちら

【ジャンル】

(ブランド) たべっ子どうぶつ

(メーカー) ギンビス

(カテゴリー) クッキー焼き菓子チョコ菓子

(2023年7月4日発売 値段約162円税込)
最新コンビニチョコのレビューはこちらから
最新コンビニアイスのレビューはこちらから
最新のセブンイレブン限定チョコやアイス商品一覧
最新のファミマ限定チョコやアイス商品一覧
最新のローソン限定チョコやアイス商品一覧

 

 

たべっ子どうぶつシリーズ、ビスケットにチョコがしみ込んだ「たべっ子水族館」!全47種類のかわいい海の生きもの型のビスケットに、含浸製法でチョコを中までしみ込ませました。チョコが中まで入っているので、生地の食感とチョコの口溶けが同時に口の中に広がる、食感が楽しめます。健康に配慮し、カルシウムを配合しました。

ギンビスのロングセラー商品のたべっ子水族館がパウチ商品として登場してきました。こののたべっ子水族館の商品はたべっ子どうぶつにチョコレートを染み込ませたような商品になっており、今回も塩もアクセントにしているような商品になっているようです。

f:id:tukkoman:20230705194903j:image

そんな商品ですが、どのような形でチョコレートの味とたべっ子どうぶつがうまく融合してるのが楽しみな一品ですね。

【過去のたべっ子シリーズ商品】


他にも過去に販売した【たべっ子シリーズ】商品一覧はこちらから

 

実際に食べた味やレビューの感想は?

f:id:tukkoman:20230705193855j:image

チョコレートの染み込みのたべっ子どうぶつ。

食べた瞬間はほんのりしょっぱさが感じられますが、食べていくごとに染み込んだチョコレートの味が感じられるといったチョコ焼き菓子です。

味に関しては最初のインパクトとしては実は意外と しょっぱさが感じられるような味わいになっており、 そして食べていくごとに生地の中に染み込んだチョコレートの味が強く感じられていくといった印象です。チョコレート自体の味わいもコクもあるミルクチョコレートという印象でお子様でも食べやすい味になってるのが特徴です。

質感に関しては噛んだ時の食感はビスケットのような食感ではありますが、じわりとチョコレートがビスケットから口の中に染み出してくるといった感じの味わいでたべっこ水族館独特の食感が感じられるのが特徴です。

【ジャンル】

(ブランド) たべっ子どうぶつ

(メーカー) ギンビス

(カテゴリー) クッキー焼き菓子チョコ菓子

 

今回はその【たべっ子水族館 パウチ】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。

 

f:id:tukkoman:20230705194149j:image

 

たべっ子水族館 パウチのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20230705193855j:image

パッケージを見てみるとコンビニで売っているパウチシリーズと形や大きさも変わらない印象です。パッケージデザインへ全体的に海をイメージする関係なのか青い色合いの色彩になってるのが特徴で、真ん中の部分には 海の生き物と商品の絵などがたくさん描かれるのが特徴です。

 

たべっ子水族館 パウチの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20230705194912j:image

たべっ子水族館 パウチ』の原材料を見てみると基本的には小麦粉などのたべっ子どうぶつと同じような材料が使用されているといった感じではありますが、そこにチョコレート関係の材料や練乳などが使用されている原材料になっております。

【内容量】

40g
【原材料】

準チョコレート、小麦粉、砂糖、植物油脂、ショートニング、転化糖蜜、加糖れん乳、ココアパウダー、食塩、全粉乳、ごま、コラーゲン、膨脹剤、着色料、乳化剤、炭酸Ca、香科

 

たべっ子水族館 パウチのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20230705194920j:image

たべっ子水族館 パウチ』のカロリーを見てみると一袋あたり226kcalということでこのカロリーは一般的なチョコ菓子などと比べるとカロリーは気持ち低めではあります。しかし内容量がそこまで多くはないので一つ一つのカロリーは高いのかもしれませんね。

エネルギー
280kcal
たんぱく質
3.5g
脂質
16.5g
炭水化物
29.4g
食塩相当量
0.2g
カルシウム
95mg

 

たべっ子水族館 パウチを開けてみた

f:id:tukkoman:20230705194926j:image

たべっ子水族館 パウチ』の開け方ですがパウチの上の両サイドに切れ込みがありますので、そこから切れ目を入れていただき横に持ちながら引っ張ると中から商品を取り出せます。 また中にチャックが入っているので保存にも結構役立ったりしますね。

f:id:tukkoman:20230705194934j:image

 

たべっ子水族館 パウチを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20230705194943j:image

チョコレートの染み込みのたべっ子どうぶつ。

食べた瞬間はほんのりしょっぱさが感じられますが、食べていくごとに染み込んだチョコレートの味が感じられるといったチョコ焼き菓子です。

味に関しては最初のインパクトとしては実は意外と しょっぱさが感じられるような味わいになっており、 そして食べていくごとに生地の中に染み込んだチョコレートの味が強く感じられていくといった印象です。チョコレート自体の味わいもコクもあるミルクチョコレートという印象でお子様でも食べやすい味になってるのが特徴です。

質感に関しては噛んだ時の食感はビスケットのような食感ではありますが、じわりとチョコレートがビスケットから口の中に染み出してくるといった感じの味わいでたべっこ水族館独特の食感が感じられるのが特徴です。

 

たべっ子水族館 パウチの外見

f:id:tukkoman:20230705194950j:image

外見も見てみると 一口サイズの海で生息する生物の形をとった外見といった感じでたべっ子どうぶつのように何種類ものいろんな形をした生き物の形になっているのが特徴です。また全体的にチョコレート 染み込ませているためか黒い感じの色合いになっているのが特徴となっております。

 

たべっ子水族館 パウチの断面

f:id:tukkoman:20230710131924j:image

たべっ子水族館 パウチ』の断面を見てみるとチョコレートが染み込んでる商品とはなってはいるんですが、断面は基本的にはビスケットとほぼ同じという感じの断面という印象で色合い的には外見と同様な黒い外見になってなんか特徴となっております。

 

販売や購入は、どこに売っている?たべっ子水族館 パウチを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20230710131900j:image

食べてみた感想としましてはチョコレートの味が感じられる独特の生地のビスケット商品という感じの印象で意外としょっぱさもあったので面白いアクセントになっているという印象です。

たべっ子水族館 パウチ』の販売している場所は全国で販売している商品ですので、各コンビニでも販売しておりスーパーやドラッグストアや通販でも購入できる幅広い場所で見かけることができる商品ではないでしょうか。

気になる方は食べてみてくださいね~。

【ジャンル】

(ブランド) たべっ子どうぶつ

(メーカー) ギンビス

(カテゴリー) クッキー焼き菓子チョコ菓子

 

 

【チョコやアイスのまとめやランキング一覧】

【過去のたべっ子シリーズ商品】

コンビニチョコの新商品、発売日一覧