コンビニのチョコとアイスの美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ

白いカントリーマアム 酪農ミルク!カントリーマアムの良さやミルク感を引き立てあったクッキーチョコ商品

f:id:tukkoman:20200610094546j:image

白いカントリーマアム 酪農ミルク】を実際に購入して食べてみました。
(店頭販売価格 約300円)

 

自然豊かな岩手県「北上高地」で生産された不二家牛乳を使用した、ミルクのコクとホワイトチョコチップのまろやかな甘さが絶妙なハーモニーのカントリーマアムです。冷やすと、美味しい牛乳で作ったソフトクリームの様な味わいが愉しめますとの事です。

カントリーマアムが純粋なミルクフレーバーとして登場してまいりました。 カントリーマアムといえばいろんな味のフレーバーのチャレンジをしており、今回のような正統派なフレーバーのカントリーマアムというのは、いささか久しぶりの登場でもあります。

f:id:tukkoman:20200610094634j:image

そんな今回のカントリーマアムですがカントリーマアムの良さやミルクの味わいの表現の仕方などトータル的に含めて、どんな感じになるのか気になるところですね。

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20200610094546j:image

おーこれは上手く表現してますね。

食べた瞬間の味としても思いっきりミルクのような味わいがしており、さらに中にホワイトチョコレートが入っていることで、甘さに関しても牛乳の美味しさをより広げているような感じです。

とはいえミルク色が強いのも間違いないのですが、カントリーマアムのあのしっとりとクッキー感も思いっきり表現されており、カントリーマアムのフレーバーの中では美味しさではかなり上位になるのではないでしょうか。

 

 

今回はその【白いカントリーマアム 酪農ミルク】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。

f:id:tukkoman:20200613010924j:image

市販チョコレート菓子、新商品ランキング!2020年で美味しいチョコはこれだ!【随時更新】

スポンサーリンク
 

白いカントリーマアム 酪農ミルクのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20200610094546j:image

パッケージを見てみるとかなり大きいようなパッケージの梱包です。大きさ的には麦茶の大型のファミリーパックぐらいの大きさではないでしょうか。

デザインに関してアイスのバニラ味の印象なのか青色な爽やかな感じのデザインがベースとなっているようです。

 

白いカントリーマアム 酪農ミルクの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20200610104434j:image
白いカントリーマアム 酪農ミルク』の原材料を見てみると普通のカントリーマアムの原材料に牛乳が入ったという感じでしょうか?ただ少し気になったのはチーズも入っているということで、これに関してはちょっとびっくりしました。

【内容量】

14
【原材料】

小麦粉、砂糖、植物油脂、チョコレートチップ(乳成分・大豆を含む)、還元水あめ、チーズ、卵、牛乳、全脂大豆粉、水あめ、全粉乳、食塩、卵黄(卵を含む)、脱脂粉乳/加工デンプン、乳化剤(乳・大豆由来)、トレハロース、安定剤(加工デンプン)、香料(乳由来)、膨脹剤

 

白いカントリーマアム 酪農ミルクのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20200610104443j:image

白いカントリーマアム 酪農ミルク』のカロリーを見てみると1枚が51kcalということで低いように思えるかもしれませんが、5枚食べるとチョコ菓子の1箱分のカロリーとなりますので、食べ過ぎは高カロリーなお菓子という感じでしょうか。

1枚(標準10.5g)当たり

エネルギー51kcal
たんぱく質0.5g
脂質2.6g
炭水化物6.4g
食塩相当量0.05g

 

白いカントリーマアム 酪農ミルクを開けてみた

f:id:tukkoman:20200610104456j:image

開け方に関しては商品の上の所に「あけくち」という切れ込みがありますので、そこを持ちながら下に引っ張ると下の画のように商品を開けることができます。

そして小分けされているカントリーマアムをギザギザの切れ目のところから開けて中から商品を食べることができます。

f:id:tukkoman:20200610104553j:image

スポンサーリンク
 

白いカントリーマアム 酪農ミルクを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20200622171159j:image

おーこれは上手く表現してますね。

食べた瞬間からカントリーマアムの、あの独特の柔らかいクッキーの食感が思いっきり表現がされております。 そしてミルクの感じも思いっきりうまく表現されていて美味しいですね。

食べた瞬間の味としても思いっきりミルクのような味わいがしており、さらに中にホワイトチョコレートが入っていることで、甘さに関しても牛乳の美味しさをより広げているような感じです。

とはいえミルク色が強いのも間違いないのですが、カントリーマアムのあのしっとりとクッキー感も思いっきり表現されており、カントリーマアムのフレーバーの中では美味しさではかなり上位になるのではないでしょうか。

 

白いカントリーマアム 酪農ミルクの外見

f:id:tukkoman:20200622171246j:image

外見を見てみると普通のカントリーマアムを本当に白くしたような感じの外見です。 本来のチョコレートの部分もホワイトチョコレートに変わっているようで本当に白いカントリーマアムという名前がバッチリとハマっているような商品です。

 

白いカントリーマアム 酪農ミルクの断面

f:id:tukkoman:20200610104610j:image

断面を見てみると普通のカントリーマアムよりも中の生地が良いレアな感じの印象を受けます。まるでスポンジケーキのようなしっとりとしたような感じです。また適度にホワイトチョコレートも入っているようで、 こう考えると少し豪華なクッキーなんですね。

 

白いカントリーマアム 酪農ミルクを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20200622171222j:image

白いカントリーマアム 酪農ミルク』を食べてみた感想としましてはカントリーマアムのベースはしっかりしつつもミルク感を上手く表現されており、さらにホワイトチョコレートなどを入れてることによりうまく甘さのバランスも出来ているのかなという感じです。

個人的にはカントリーマアムはチャレンジしているフレーバーが多いのですが今回のようなミルクの味のフレーバーをベースにキャラメルラテみたいな感じの商品を作ると売れそうな気がします。今後に期待ですね。

気になる方は食べてみてくださいね~。