コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !あの商品が必ずネット購入出来るサイト

チロルチョコ クリームソーダ!パチパチキャンディが入ったメロンソーダフロートをイメージしたようなチョコ菓子

f:id:tukkoman:20200806162419j:image

チロルチョコ クリームソーダ】を実際に購入して食べてみました。
(2020年8月4日発売 約32円)

 

はじける!パチパチ食感のチロルチョコが登場してきました。今回のフレーバーはクリームソーダという事です。

あの一口チョコの代名詞チロルチョコが新しいフレーバーで登場で他のチョコではあまり見たことないクリームソーダという味だそうです。見た目的にはメロンソーダフロートをイメージをするパッケージですが、どうなんでしょうか?

f:id:tukkoman:20200806162434j:image

クリームソーダというフレーバーですが、チョコレートを炭酸飲料フレーバーにするのも珍しいので、どのような味でどう表現されているのか気になる一品ですね。

 

【過去のチロルチョコ商品】

チロルチョコ チョコミントもち!ミントと餅のコラボがさすがのクオリティのチョコ菓子

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20200806162419j:image

食べてみた瞬間はまさかのザリッとした食感で違和感がありますが、味的には完全にメロンソーダです!

色は緑が思いっきりメロンソーダ味で、白はミルクのような甘さ重点をおいている味であり一緒に食べるとメロンソーダフロートのような味わいに変わります。

また中にはパチパチキャンディーが入っており、これが先ほどのザリッの正体で口の中にキャンディーを滞在しているとパチパチとはねていき、ソーダの炭酸を上手く表現しています。

 

 

今回はその【チロルチョコ クリームソーダ】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
 

f:id:tukkoman:20200804184700j:image

市販チョコレート菓子、新商品ランキング!2020年で美味しいチョコはこれだ!【随時更新】

チロルチョコ クリームソーダのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20200806162419j:image

パッケージを見てみると通常のチロルチョコと大きさと形は変わりません。 そしてパッケージのデザインですがクリームソーダという名前でもありますがメロンソーダを彷彿させるような緑の色と真ん中にアイスが描かれており、メロンソーダフロートをイメージさせるデザインです。

 

チロルチョコ クリームソーダの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20200806162504j:image

原材料を見てみるとまさかの最初の方にキャンディーという材料が来ていますので中には、あのパチパチキャンディーが入ってくる事が予測され、またラズベリーパウダーも入っており少し予想できないような原材料になってます。

【内容量】

1個
【原材料】

砂糖、キャンディ、乳糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、マルトデキストリン、エリスリトール、ラズベリーパウダー、クリーム加工品、酸味料、着色料、乳化剤、香科、炭酸ガス

 

チロルチョコ クリームソーダのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20200806162516j:image

カロリーを見てみると55kcalという事でカロリーの数値を見るだけではカロリーは低いイメージになるかもしれませんが、チロルチョコの中ではカロリーは最高峰の高カロリーとなってます。ちなみに通常は40kcalぐらいです。

エネルギー 55kcal / たんぱく質 0.2g / 脂質 2.8g / 炭水化物 7.6g / 食塩相当量 0.009g

 

チロルチョコ クリームソーダを開けてみた

f:id:tukkoman:20200806162532j:image

チロルチョコ クリームソーダ』を開け方ですが通常のチロルチョコと同様に後ろの部分がのりなどで梱包されておりますので、周りのビニールを開いて開けるようにすると下の画のように開けることができます。

f:id:tukkoman:20200806162625j:image

スポンサーリンク
 

チロルチョコ クリームソーダを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20200808104027j:image

食べてみた瞬間はまさかのザリッとした食感で違和感がありますが、味的には完全にメロンソーダです!

色は緑が思いっきりメロンソーダ味で、白はミルクのような甘さ重点をおいている味であり一緒に食べるとメロンソーダフロートのような味わいに変わります。

また中にはパチパチキャンディーが入っており、これが先ほどのザリッの正体で口の中にキャンディーを滞在しているとパチパチとはねていき、ソーダの炭酸を上手く表現しています。

 

チロルチョコ クリームソーダの外見

f:id:tukkoman:20200806162651j:image

チロルチョコ クリームソーダ』の外見を見てみると底は白いホワイトチョコレートみたいな感じになっているのですが、表面の部分を見てみると緑色になっており外見的に見ると2色の色で作られているというチロルチョコという感じですね。

 

チロルチョコ クリームソーダの断面

f:id:tukkoman:20200806162700j:image

断面を見てみると少しビックリの赤い部分のチョコレートの部分が出てきました。赤い部分にそのままキャンディーが入っているわけではなく、原材料で書いてあったラズベリーパウダーはこれなのかなと。色彩的には可愛い断面という感じですね。

 

チロルチョコ クリームソーダを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20200806181535j:image

チロルチョコ クリームソーダ』を食べてみた感想としてはクリームソーダというよりは完全にメロンソーダフロートを表現しているチョコ菓子という感じのチョコレートです。全ての食材が味の主張をちゃんと表しているからこその再現率って感じですね。

ちなみに最近コンビニ限定のチロルチョコなど多かったですが、このチロルチョコは全国で販売してますので、コンビニでも通販でも購入出来ます。

気になる方は食べてみてくださいね~。