コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !あの商品が必ずネット購入出来るサイト

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチ!コンビニで購入出来るアイス商品

f:id:tukkoman:20200923103920j:image

販売サイトはこちら

ジャンル

(ブランド) 辻利

(メーカー明治

(カテゴリー抹茶

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチ】を実際に購入して食べてみました。
(2020年9月22日発売 約183円)

 

京都宇治総本家「辻利」のほうじ茶をアイス・コーティングチョコ・クランチ部分に使用した、バータイプのほうじ茶アイスだそうです。

京都宇治で創業百五十年の歴史を持つ「 辻利」。 コンビニなどでは抹茶などのフレーバーでよく見かけるメーカーではないでしょうか。そんな辻利が今回はほうじ茶のフルネームで登場してまいりました。

f:id:tukkoman:20200923103929j:image

そんなこちらの商品ですが、ほうじ茶がどのような感じで表現されているのか、そしてアイスにして何が違うのかも気になるところですね。

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20200923103920j:image

おーほうじ茶の風味が強い!

口に含んだ時点でほうじ茶の風味が強く食べて行くことに甘さも一緒に感じられるような感じです。

なんといっても最大の特徴はほうじ茶の風味であり、 味を見てみると最初は少し苦味を感じられるのですが、アイスの甘さがそれを補うかのような感じのバランスが取れたアイスという感じの印象です。

周りのチョコレートがほうじ茶の風味を強くしているような感じなのですがザクザクとしたクランチの食感も感じられ食感も楽しめる感じの作りです。またアイスに関してはしっとりした感じになっており、この質感も魅力ではないでしょうか。

 

 

ジャンル

(ブランド) 辻利

(メーカー明治

(カテゴリー抹茶

今回はその【辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチ】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20201029182113j:image

スポンサーリンク
 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20200923103920j:image

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチ』のパッケージを見てみると普通の棒状のアイスの形や大きさなどは変わらないと言った感じです。パッケージデザインに関してはほうじ茶ということで全体的に茶色い感じの色彩で作られているようなデザインとなっております。

 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20200923104039j:image
辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチ』の原材料を見てみると抹茶やお茶系のフレーバーは案外色んなものが入っていたりするのですが、こちらの商品はしっかりとしたほうじ茶も使われ、さらにほうじ茶クッキーというほうじ茶づくしの原材料というのが印象的です。

【内容量】

90ml
【原材料】

チョコレートコーチング、水あめ、乳製品、砂糖、植物油脂、ほうじ茶クッキー、ほうじ茶/乳化剤、安定剤(増粘多糖類、セルロース)、香料、膨脹剤、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20200923104050j:image
カロリーを見ていますと222kcalということで普通のアイス商品のカロリーが200kcalですので比較的平均的という感じのカロリーでもあります。とはいえカロリーが200kcalを越えるというものは牛乳や砂糖が多く使われているアイスが多いので、こちらの商品も比較的その二つが多く含まれている可能性がありますね。

エネルギー
222kcal
たんぱく質
2.4g
脂質
13.4g
炭水化物
22.9g
食塩相当量
0.085g 

 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチを開けてみた

f:id:tukkoman:20200923104059j:image

開け方ですが通常の棒状のアイスと変わらずサイドにギザギザがありますので、そちらから切れ目を入れていただくと商品を開けることができます。また棒状のアイスですので棒側から開けると手が汚れずに開けることができます。

f:id:tukkoman:20201026015309j:image

スポンサーリンク
 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20201026015318j:image

おーほうじ茶の風味が強い!

口に含んだ時点でほうじ茶の風味が強く食べて行くことに甘さも一緒に感じられるような感じです。

なんといっても最大の特徴はほうじ茶の風味であり、 味を見てみると最初は少し苦味を感じられるのですが、アイスの甘さがそれを補うかのような感じのバランスが取れたアイスという感じの印象です。

周りのチョコレートがほうじ茶の風味を強くしているような感じなのですがザクザクとしたクランチの食感も感じられ食感も楽しめる感じの作りです。またアイスに関してはしっとりした感じになっており、この質感も魅力ではないでしょうか。

 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチの外見

f:id:tukkoman:20201026015336j:image

外見を見ていますと形的なものは同じメーカー会社、明治のパルムと形が似ている感じの外見ですね。そんなパルムの外見にほうじ茶のチョコレートコーティングとクランチを周りにコーティングしたような感じの外見といった感じです。

 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチの断面

f:id:tukkoman:20201026015347j:image

断面を見ていますと、やはりこちらもパルムのような感じの質感を感じられるキメが細かい感じの断面といった感じでしょうか。普通のアイスとは違いアイスが溶けているような感じではなく、しっとりしたような感じの質感が見て感じられます。

 

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20201026015356j:image

辻利 焙煎ほうじ茶 チョコレート&クランチ』を食べてみた感想としましてはほうじ茶を存分に味わえるような感じの味となっており、また明治が代表する『PARM(パルム) 』に似たような質感なども感じられとてもクオリティが高いアイスといった感じの印象です。

結構周りのクランチを コーティングされているので とてもボリュームがあるようなアイスではないでしょうか?辻利は定番のシリーズとなっておりますので次回も期待したいところですね。

気になる方は食べてみてくださいね~。

ジャンル

(ブランド) 辻利

(メーカー明治

(カテゴリー抹茶

 


 

コンビニアイスの新商品、発売日一覧

【チョコやアイスのランキング一覧】