コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !あの商品が必ずネット購入出来るサイト

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズ!甘さとしょっぱさが織り成す美味しいチョコ菓子

f:id:tukkoman:20201104181328j:image

販売サイトはこちら

ジャンル

(ブランドブランチュール

(メーカーブルボン

(カテゴリーチーズ味

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズ】を実際に購入して食べてみました。
(2020年11月3日発売 約140円)

 

カマンベール、ゴーダ、パルメザン、チェダー4種類のチーズパウダーを使用したひとくちサイズのブランチュール。くちどけの良いラングドシャチョコレートと奥深いチーズの味わいをお楽しみ頂ける商品だそうです。

あのバターの香るブランチュールがチョコ菓子が珍しいチーズ味のフレーバーで登場していました。 アイスなどはチーズ味というのは珍しくないのですが、チョコ菓子としては結構異質な感じのチョコ菓子でもあるんですね。

f:id:tukkoman:20201104181337j:image

そんなこちらの商品ですがどのようにチョコレートとチーズが融合しているのか、そしてブランチュールがどのようにうまく商品として成り立たせているのかが楽しみな一品ですね。

 

【過去のブランチュール商品】

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20201104181328j:image

あ、これ美味いぞ。

チーズとチョコレートの相性は疑問符が付くところがあるかもしれませんがチーズのしょっぱさとチョコレートの甘さがうまくバランスが取れているチョコ菓子です。

食べた瞬間は周りがランドグシャが焦がしたチーズのような感じの香ばしい風味のチーズの風味が感じられる味となっております。もちろんランドグシャの食感も美味しいですね。

中にチョコレートに関してはチーズというよりはホワイトチョコレートの味に近く周りのしょっぱさと中の甘さがうまくバランスが取れており、とても美味しい味わいとなっております。

ジャンル

(ブランドブランチュール

(メーカーブルボン

(カテゴリーチーズ味

 

今回はその【ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズ】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20201103203039j:image

スポンサーリンク
 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20201104181328j:image

パッケージに関しては普通のブランチュールと大きさと形などは変わらないといった感じです。デザインに関してはやはりチーズを全面に推してくるかのような黄色い感じの色を使われており写真だけでもかなり美味しそうに見えてしまうパッケージとなっております。

 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20201104181409j:image
原材料見てみると通常のブランチュールとあまり変わらないような感じの印象です。そこにフレーバーのチーズの原料であるチーズ粉末が含まれているといった感じでしょうか。 また中のチョコレートに関してもホワイトチョコレートの原材料と似ているような感じです。

【内容量】

12個
【原材料】

砂糖、小麦粉、液卵白(卵を含む)、ココアバター、マーガリン、チーズ粉末、ショートニング、全粉乳、乳糖、植物油脂、ホエイパウダー(乳成分を含む)、水飴、食塩 / 乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、着色料(カラメル)

 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20201104181359j:image

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズ』のカロリーを見てみると232kcalということで比較的チョコ菓子の中では平均的といったカロリーとなっております。 とはいえ中の商品自体はそこまで入っているわけでないのに、このカロリーというのは小麦粉とバターなどが使われているからなのでしょうね。

エネルギー

232 kcal
たんぱく質
3.8 g
脂  質
14.2 g
-飽和脂肪酸
7.4 g
炭水化物
22.5 g
-糖質
22.0 g
-食物繊維
0.5 g
食塩相当量
0.4 g

 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズを開けてみた

f:id:tukkoman:20201104181425j:image

開け方ですがブルボンの板型チョコレートの開け方と同じ開け方で表面の横の所に『open』という開ける箇所がありますので、そちらを持ちながら上に上げると箱を開ける事が出来ます。 中にはビニールに梱包されている商品が入っていますので、こちらも矢印の通りにビニールを破いていただければ中から商品を取り出すことができます。

f:id:tukkoman:20201104181433j:image

スポンサーリンク
 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20201104181450j:image

あ、これ美味いぞ。

チーズとチョコレートの相性は疑問符が付くところがあるかもしれませんがチーズのしょっぱさとチョコレートの甘さがうまくバランスが取れているチョコ菓子です。

食べた瞬間は周りがランドグシャが焦がしたチーズのような感じの香ばしい風味のチーズの風味が感じられる味となっております。もちろんランドグシャの食感も美味しいですね。

中にチョコレートに関してはチーズというよりはホワイトチョコレートの味に近く周りのしょっぱさと中の甘さがうまくバランスが取れており、とても美味しい味わいとなっております。
 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズの外見

f:id:tukkoman:20201104181505j:image

外見を見ていますと今までのグランチュール外見と形なのは変わらないといった感じです。唯一違うのは真ん中の所のチョコレートが黒いチョコレートではなくホワイトチョコレートのような感じのチョコレートになっているのが特徴的です。

 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズの断面

f:id:tukkoman:20201104181535j:image

断面を見てみますと先ほどの外見と同じように普通のブランチュールとか変わりません。ランドグシャがメインでありチョコレート自体はそこまで入っているわけではないのですが、チョコレートの味が強いので濃いチョコレートなのでしょうね。

 

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20201107055018j:image

ブランチュール ミニチョコレート クワトロチーズ』を食べてみた感想としましてはチョコレートにチーズという少し違和感を感じたようなフレーバーでしたが、実際食べてみるとしょっぱさと甘さのバランスが良くとても美味しいチョコ菓子といった感じです。

しかしチーズの独特の香りや風味などもありますのでチーズが苦手な方は少し厳しいかもしれません。しかしピザでも甘いピザなどありますので、そちらの甘いのピザなどと似ているような感覚かもしれません。

気になる方は食べてみてくださいね~。

ジャンル

(ブランドブランチュール

(メーカーブルボン

(カテゴリーチーズ味

 


 

コンビニチョコの新商品、発売日一覧

【チョコやアイスのランキング一覧】