コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !レビュー商品が購入出来るサイト

和トリュフ 京都宇治抹茶!コンビニ限定のブルボンの抹茶味のチョコ菓子

f:id:tukkoman:20210702144752j:image

和トリュフ 京都宇治抹茶】を実際に購入して食べてみました。 

販売サイトはこちら

【ジャンル】

(ブランド) ブルボン トリュフ

(メーカー) ブルボン

(カテゴリー) チョコ菓子抹茶

(2021年6月29日発売 値段約194円税込)

 

宇治抹茶を贅沢に使用したトリュフチョコレートです。センタークリームに京都府産の一番摘み茶葉を使用した宇治抹茶をふんだんに練り込み、表面も京都府産の宇治抹茶パウダーで仕上げました。あざやかな色味と香り高い抹茶のおいしさを楽しめる商品だそうです。

ブルボンのトリュフシリーズが今回は宇治抹茶のフレーバーで新発売をしてきました。実は去年も抹茶シリーズとしては販売をしているのですが今回は和トリュフという名前での新商品のようです。

f:id:tukkoman:20210702144805j:image

そんなこちらの商品ですが、どのような感じで宇治抹茶の味を表現しトリュフのチョコレートの味わいとうまく融合しているから楽しみな一品ですね。

 

【過去のブルボントリュフシリーズ商品】

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20210702144752j:image

抹茶とチョコのバランスよ。

食べた瞬間は抹茶の苦味が感じるような味わいを感じられますが、食べていくごとにチョコの存在感が増していくという感じのチョコトリュフです。

最初は周りのトリュフの周りに抹茶のパウダーがかかっているのですが、こちらが抹茶の苦味を強く感じさせるような作りになっております。

しかし中まで到達するとトリュフ独特の濃厚なチョコの味が感じられる作りになっており、その後から抹茶の風味などがジワジワと強くなっていくという感じになっております。中のトリュフは生チョコのような柔らかい食感になっているのも特徴です。

【ジャンル】

(ブランド) ブルボン トリュフ

(メーカー) ブルボン

(カテゴリー) チョコ菓子抹茶

 

今回はその【和トリュフ 京都宇治抹茶】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20210702190705j:image

スポンサーリンク
 

和トリュフ 京都宇治抹茶のパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20210702144752j:image

パッケージを見ていますと最近コンビニで販売しているパウチ商品と大きさと形などは同じような感じのサイズとなっております。 パッケージデザインに関しては全体的に緑をベースになっているパッケージデザインとなっており、色鮮やかな色んな緑が使われている綺麗な感じのデザインとなっております。

 

和トリュフ 京都宇治抹茶の内容量や原材料

f:id:tukkoman:20210702144829j:image
和トリュフ 京都宇治抹茶』の原材料を見てみると過去のブルボンのトリュフシリーズと同様にシンプルな感じの原材料になっているという感じの印象です。その過去のブルボントリュフシリーズにフレーバーの抹茶が追加されているという感じの原材料となっております。

【内容量】

49g
【原材料】

砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、ココアバター、乳糖、抹茶、乳化剤、香科

 

和トリュフ 京都宇治抹茶のカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20210702144836j:image

カロリーを見てみると一粒42kcalということでカロリー自体は低いように思えるかもしれませんがトータルカロリーを計算してみると約294kcalとなり、カロリーは普通のチョコ菓子より少し高くなっているカロリーですので食べ過ぎには気をつけたいところではあります。

エネルギー42kcal、たんぱく質0.5g、脂質2.8g、炭水化物3.7g、食塩相当量0.01g

スポンサーリンク
 

和トリュフ 京都宇治抹茶を開けてみた

f:id:tukkoman:20210702144849j:image

和トリュフ 京都宇治抹茶』の開け方ですが普通のパウチ商品と開け方は変わらない感じで上のところに切れ目がありますので、そちらから切っていただければ商品を開けることができます。また中はトリュフは小分けされているので保存などは凄く便利な作りになっています。

f:id:tukkoman:20210702144857j:image

スポンサーリンク
 

和トリュフ 京都宇治抹茶を食べてみた感想

f:id:tukkoman:20210702144920j:image

抹茶とチョコのバランスよ。

食べた瞬間は抹茶の苦味が感じるような味わいを感じられますが、食べていくごとにチョコの存在感が増していくという感じのチョコトリュフです。

最初は周りのトリュフの周りに抹茶のパウダーがかかっているのですが、こちらが抹茶の苦味を強く感じさせるような作りになっております。

しかし中まで到達するとトリュフ独特の濃厚なチョコの味が感じられる作りになっており、その後から抹茶の風味などがジワジワと強くなっていくという感じになっております。中のトリュフは生チョコのような柔らかい食感になっているのも特徴です。

 

和トリュフ 京都宇治抹茶の外見

f:id:tukkoman:20210702144931j:image

外見を見てみると一般的な丸いトリュフの大きさと形などは同じという感じではありますが、やはり全体的に色合いがトリュフに抹茶のパウダーがかかっているという感じの外見となっており、通常のブルボンのトリュフとは少し外見からは違う印象を感じられるといった感じです。

 

和トリュフ 京都宇治抹茶の断面

f:id:tukkoman:20210702144939j:image

和トリュフ 京都宇治抹茶』の断面を見ていますと写真の部分に関しては少し中は黒いような感じに見えるかもしれませんが、実際の中は少し緑のような感じの生チョコレートという感じの断面になっており中まで宇治抹茶を全面に推しているかのような感じの断面になっております。

 

販売や購入は、どこに売っている?和トリュフ 京都宇治抹茶を食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20210702144946j:image

食べてみた感想としましては抹茶の味が感じられつつも基本的には中のチョコレートの味がメインという感じの印象が強いトリュフのような感じがします。 しかし抹茶もしっかりも感じられますので共に良いとこどりという感じのチョコ菓子です。

和トリュフ 京都宇治抹茶』の販売場所に関してはコンビニや駅売店限定の商品となっているため、スーパーやドラッグストア、通販では買えない商品となっておりますので気になる方はコンビニや駅売店で探してみてくださいね。

気になる方は食べてみてくださいね~。

【ジャンル】

(ブランド) ブルボン トリュフ

(メーカー) ブルボン

(カテゴリー) チョコ菓子抹茶

 


 

【チョコやアイスのまとめやランキング一覧】

コンビニチョコの新商品、発売日一覧