コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !レビュー商品が購入出来るサイト

ロッテ コーヒーリキュール!コンビニでも購入出来るブランデーも効いたチョコ菓子

f:id:tukkoman:20201118232351j:image

販売サイトはこちら

ジャンル

(ブランド) ラミー、バッカス

(メーカーロッテ

(カテゴリーお酒菓子

ロッテ コーヒーリキュール】を実際に購入して食べてみました。
(2020年11月17日発売 約316円)

 

香り高いコーヒーリキュールを包んだ、口どけまろやかな一粒タイプの大人の洋酒チョコレートだそうです。

ラミーバッカスを販売しているロッテが新たにお酒のチョコレートを登場してきました。今回はコーヒーリキュールを使ったチョコレートとのことです。

f:id:tukkoman:20201118232400j:image

そんなこちらの商品ですが、どのような感じでお酒の味わいのコーヒーとうまく表現しているのか、そしてチョコレートとの相性はどうなのが気になるところですね。

 

【過去のお酒系チョコやアイス商品】

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20201118232351j:image

んー、酒が強い!

最初は周りのチョコレートが甘いので少し油断していましたが中のコーヒーリキュールまで到達すると酒の味がとても強い感じの味わいになります。

中のコーヒーリキュールの味に関しては普通のアルコールとは違いコーヒーの風味が存分に感じられてるようなリキュールとなっており、少しお酒というよりは雰囲気を味わえるような感じかもしれません。

周りのチョコレートに関してはカカオのチョコレートというよりミルクチョコレートのような感じのチョコレートになっており、中が苦い分チョコレートで調和するような感じです。

ジャンル

(ブランド) ラミー、バッカス

(メーカーロッテ

(カテゴリーお酒菓子

 

今回はその【ロッテ コーヒーリキュール】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20201119012218j:image

スポンサーリンク
 

ロッテ コーヒーリキュールのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20201118232351j:image

ロッテ コーヒーリキュール』のパッケージを見てみるとロッテのお酒系のチョコレートバッカスと形や大きさなど激似でありデザインに関してはコーヒーをイメージしたかのような茶色い感じのデザインで統一されてるのが特徴的です。

 

ロッテ コーヒーリキュールの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20201118232422j:image

ロッテ コーヒーリキュール』の原材料を見てみると実は案外シンプルな感じの原材料となっており基本はチョコレートとコーヒーと洋酒、この三つをベースに作られているチョコレートという原材料です。

【内容量】

10粒
【原材料】

砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、乳糖、ココアバター、洋酒(ミルクリキュール、ブランデー、コーヒーリキュール)、水あめ、コーヒーエキス、酒精/pH調整剤、乳化剤(大豆由来)、カゼイン、香料、カラメル色素

 

ロッテ コーヒーリキュールのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20201118232431j:image

カロリーを見てみると1つ30kcalということで、そこまでカロリーが高くないような感じの印象を受けるかもしれませんが、全てのカロリーになると300kcalということで白米で言うと、ご飯1膳分ぐらいのカロリーという感じになります。カロリーは低いという感じのチョコレートではないですね。

エネルギー30kcal
たんぱく質0.25g
脂質1.7g
炭水化物2.9g
食塩相当量0.016g

 

ロッテ コーヒーリキュールを開けてみた

f:id:tukkoman:20201118232446j:image

開け方に関しては粒形のチョコレートのように正面の少し右側のところに出っ張りがありますので、そちらを持ちながら横にスライドすると箱を開けることができます。 中にはビニールで梱包されたチョコレートが入っていますので切り込みがありますので、そちら開けていただければ開けることができます。

f:id:tukkoman:20201118232455j:image

スポンサーリンク
 

ロッテ コーヒーリキュールを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20201118232508j:image

んー、酒が強い!

最初は周りのチョコレートが甘いので少し油断していましたが中のコーヒーリキュールまで到達すると酒の味がとても強い感じの味わいになります。

中のコーヒーリキュールの味に関しては普通のアルコールとは違いコーヒーの風味が存分に感じられてるようなリキュールとなっており、少しお酒というよりは雰囲気を味わえるような感じかもしれません。

周りのチョコレートに関してはカカオのチョコレートというよりミルクチョコレートのような感じのチョコレートになっており、中が苦い分チョコレートで調和するような感じです。

 

ロッテ コーヒーリキュールの外見

f:id:tukkoman:20201118232519j:image

外見を見ていますと正直言うとバッカスと全く同じ形であり配列や大きさなども全て同じという感じの印象です。 バッカス同様に チョコレートには文字が刻まれており、サイズ的には一口サイズのチョコレートとなっております。

 

ロッテ コーヒーリキュールの断面

f:id:tukkoman:20201118232528j:image

断面を見てみますとやはり中のコーヒーブランデーがしっかり入っているという感じの断面となっております。チョコレートもそこまで薄いわけではなく、そこそこ厚い感じのチョコレートでこの二つのバランスが、この商品の特徴ではないでしょうか

 

ロッテ コーヒーリキュールを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20201121193321j:image

ロッテ コーヒーリキュール』を食べてみた感想としましてもロッテのお酒チョコの商品のバッカスのコーヒーバージョンという感じのチョコレートではないでしょうか。

ロッテのチョコレートの商品の中でも御避けの度数が強めのチョコレートですのでお酒が弱い方やお子さんはお気を付けください。

気になる方は食べてみてくださいね~。

ジャンル

(ブランド) ラミー、バッカス

(メーカーロッテ

(カテゴリーお酒菓子

 


 

コンビニチョコの新商品、発売日一覧

【チョコやアイスのランキング一覧】