コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !レビュー商品が購入出来るサイト

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味!コンビニや通販で買える値段やカロリー気になるチョコ菓子

f:id:tukkoman:20211130212411j:image

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味】を実際に購入して食べてみました。

販売サイトはこちら

【ジャンル】

(ブランド) チョコボール

(メーカー) 森永製菓

(カテゴリー) チョコ菓子

(2021年11月30日発売 値段約173円税込)

 

キャラクター「キョロちゃん」がワクワク、楽しい気分にしてくれる、複数の味わいと食感が1粒に詰まった一口サイズチョコレートボールです。便利なパウチ形態と大きさ2.5倍のチョコで、1粒でも満足できるチョコボールだそうです。

チョコボールの大きいバージョンの大玉チョコボールシリーズが今回は今話題のピスタチオのフレーバーで新発売をしてきました。しかも今回はピスタチオというフレーバーではありますが、ピーナッツも追加されているというダブルナッツでの味わいになっているようです。

f:id:tukkoman:20211201231116j:image

そんなこちらの商品ですが、どのような感じでピスタチオの味を表現をしチョコボールピーナッツと上手く融合しているのが楽しみな一品ですね。

 

【過去のチョコボール商品】

他にも過去に販売した【チョコボール】商品一覧はこちらから

 

 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20211130212411j:image

甘さとピーナッツの存在感。

食べた瞬間はホワイトチョコレートのような甘さが感じられ、ピスタチオの味わいは徐々に感じられるという作りで中のピーナッツまで到達するとピーナッツ一色になるという感じの作りです。

味に関しては基本的には二つの味が形成されており周りのチョコレートに関してはホワイトチョコレートのような甘さがメインであり、ピスタチオの風味などはサポート役という感じの味わいです。

中のピーナッツまで到達すると味がピーナッツという感じになりぐらいピーナッツの存在感が強く、ピーナッツの味と香ばしさが感じられつつもピーナッツの周りのクリスプがサクサクとした食感が感じられると言うチョコボールです。

【ジャンル】

(ブランド) チョコボール

(メーカー) 森永製菓

(カテゴリー) チョコ菓子

 

 

今回はその【大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20211202121401j:image

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味のパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20211130212411j:image

パッケージの形や大きさはコンビニなどのパウチ商品など大きさと形なのは同じような感じとなっております。 パッケージデザインをに関してはピスタチオをイメージしているかのような全体的に緑色がベースになっているという感じのパッケージデザインになっております。

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味の内容量や原材料

f:id:tukkoman:20211201231126j:image
原材料を見てみると一般的なチョコボールピーナッツと原材料自体ほぼ変わらないといった感じになっておりますが、唯一違う点はチョコレートの原材料でもあるカカオマスが使われておらず、その代わりにピスタチオペーストが追加されているという感じになっています。

【内容量】

54g
【原材料】

準チョコレート(砂糖、植物油脂、全粉乳、デキストリン、ココアバター、乳糖、ホエイパウダー)(国内製造)、ピーナッツ、植物油脂、小麦粉、とうもろこしでん粉、水あめ、砂糖、ピスタチオペースト、食塩/乳化剤、香料、着色料(紅花黄、クチナシ青色素、金箔)、光沢剤、(一部に小麦・乳成分・落花生・アーモンド・大豆を含む)

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味のカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20211201231132j:image

カロリーを見てみると310kcalということでこのカロリーは一般的なチョコ菓子と比べるとかなり高めという感じのカロリーになっており、やはり中のピーナッツとピスタチオペーストのベースでもあるホワイトチョコレートの甘さなのかカロリーを高まっているのかなという感じの印象です。

エネルギー:310kcal
たんぱく質:3.9g
脂質:19.7g
炭水化物:29.2g
食塩相当量:0.08g

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味を開けてみた

f:id:tukkoman:20211201231139j:image

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味』の開け方ですが普通のパウチ商品と開け方はほぼ変わらないような感じであり上の両サイドのところに切れ目が入っておりますので、そちらから切っていただけると下のような画のように商品を開けることができます。

f:id:tukkoman:20211201231150j:image

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味を食べてみた感想

f:id:tukkoman:20211201231200j:image

甘さとピーナッツの存在感。

食べた瞬間はホワイトチョコレートのような甘さが感じられ、ピスタチオの味わいは徐々に感じられるという作りで中のピーナッツまで到達するとピーナッツ一色になるという感じの作りです。

味に関しては基本的には二つの味が形成されており周りのチョコレートに関してはホワイトチョコレートのような甘さがメインであり、ピスタチオの風味などはサポート役という感じの味わいです。

中のピーナッツまで到達すると味がピーナッツという感じになりぐらいピーナッツの存在感が強く、ピーナッツの味と香ばしさが感じられつつもピーナッツの周りのクリスプがサクサクとした食感が感じられると言うチョコボールです。

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味の外見

f:id:tukkoman:20211201231207j:image

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味』の外見を見てみると過去の大玉チョコボールと形と大きさなどはほぼ同じという感じではありますが、やはりフレーバーのピスタチオをイメージしてなのか全体的に緑色の色合いになっている外見になっています。

 

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味の断面

f:id:tukkoman:20211201231213j:image

断面を見てみるとこちらはチョコボールのピーナッツと同じような構造になっており、チョコレートに囲まれたクリスプの中にピーナッツの丸々一個入っているという感じの断面です。普通のチョコボールピーナッツと違うのは周りがチョコレートが緑になっているだけという感じの印象です。

 

販売や購入は、どこに売っている?大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味を食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20211204000457j:image

食べてみた感想としましては基本的にはホワイトチョコレートのような甘さな感じられ、ピスタチオの風味はありますがピーナッツの方が存在感が感じられるようなチョコ菓子といった感じです。

大玉チョコボール ピーナッツ&ピスタチオ味』の販売している場所は全国で販売している商品ですので、各コンビニでも販売しておりスーパーやドラッグストアや通販でも購入できる幅広い場所で見かけることができる商品ではないでしょうか。

気になる方は食べてみてくださいね~。

【ジャンル】

(ブランド) チョコボール

(メーカー) 森永製菓

(カテゴリー) チョコ菓子

 


 

【チョコやアイスのまとめやランキング一覧】

【過去のチョコボール商品】