コンビニのチョコとアイスの美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ

ミントの白いダース!ホワイトチョコとのコラボで新しいミントチョコ菓子

f:id:tukkoman:20200512154207j:image

ミントの白いダース】を実際に購入して食べてみました。
(2020年5月12日発売 約162円)

 

ホワイトチョコレートのくちどけと共に、爽快なミントチョコレートの味わいが広がる品質との事です。

ダースといえばチョコレートが12個入っている森永の定番のチョコレートのですが過去のダースの種類などを照らし合わせてみると、他のチョコレートとは違うところは外見的なデザインに結構こだわっているなぁという印象です。

f:id:tukkoman:20200512154320j:image

今回はチョコレートの周りは白くなりながら中がミントの青い感じの色が透けて見えるような見た目的にも可愛らしく爽やかであり神秘的なチョコレートとなっているのが印象的です。

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20200512154207j:image

口に入れた瞬間に第一印象に思ったのは思った以上に甘いですね!ミント商品と言うと口の中に入れた瞬間にスースーするような爽快感が一気に口の中に広がるのですが、こちらの商品は口に入れた瞬間にホワイトチョコレートの甘さがまず口を中で広がります。

だからとはいえミントの味が全くしないかと言ったら違い噛めば噛むほどミントの爽快感が口の中でより広がっていく感じです、 そして中にミントの粒というのでしょうか食感的にザクザクした食感があるのが特徴です。

 


今回はその【ミントの白いダース】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。

f:id:tukkoman:20200517123616j:image

市販チョコレート菓子、新商品ランキング!2020年で美味しいチョコはこれだ!【随時更新】

スポンサーリンク
 

ミントの白いダースのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20200512154207j:image

パッケージを見ると通常のダースと大きさは全く同じ大きさとなっております。しかしパッケージに関してですが全体的に水色と白を基調にした本当に爽やかな感じのパッケージデザインとなっており、これから夏に向けて清涼感のあるような感じの作りですね。

 

ミントの白いダースの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20200512154231j:image

ミントの白いダース』の原材料を見てみるとカカオが含まれていないので本当にミントと練乳のような牛乳系がベースとして作られているようなチョコレートとなっているような印象です。

【内容量】

12粒
【原材料】

砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、ココアバター、デキストリン、ホエイパウダー、脱脂粉乳、バターオイル、ミント風味チップ/乳化剤(大豆由来)、香料、クチナシ青色素、ベニバナ黄色素、加工デンプン、増粘多糖類

ミントの白いダース | チョコレート | 菓子 | 商品情報 | 森永製菓株式会社

 

ミントの白いダースのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20200512154239j:image

カロリーは1粒21カロリーとなっておりますが12粒入っているので、合計だと大体250kcalぐらいで通常のチョコ菓子と同じぐらいのカロリーとなっておりますが、 この大きさでこのカロリーですので比較的一粒のカロリーは高いのかなあという印象です。

[ 1粒 (標準3.5g) 当たり ]
エネルギー:21kcal
たんぱく質:0.14g
脂質:1.4g
炭水化物:1.9g
食塩相当量:0.006g

 

ミントの白いダースを開けてみた

f:id:tukkoman:20200512154252j:image

商品の開け方ですが正面から見て右側に出っ張りがありますので横に引っ張ればそのまま開きます。 開けてみると中にビニールで梱包されている一つの袋が入っていますので、そちらを取り出してビニールに切れ目を入れて中からチョコを取り出して食べてください。

f:id:tukkoman:20200515080415j:image

スポンサーリンク
 

 

ミントの白いダースを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20200515080407j:image

おー?思ったよりスースーするミント感は無い・・・いや、あるな。

口に入れた瞬間に第一印象に思ったのは思った以上に甘いというところです、ミント商品と言うと口の中に入れた瞬間にスースーするような爽快感が一気に口の中に広がるのですが、こちらの商品は口に入れた瞬間にホワイトチョコレートの甘さがまず口を中で広がります。

だからとはいえミントの味が全くしないかと言ったら違い噛めば噛むほどミントの爽快感が口の中でより広がっていく感じです、 そして中にミントの粒というのでしょうか食感的にザクザクした食感があるのが特徴です。

 

ミントの白いダースの外見

f:id:tukkoman:20200515080424j:image

基本的には全身は真っ白でとても綺麗なチョコレートという感じの印象です。少し青いミントが透けている感じで青が白に染まっていますが、これがまた綺麗な印象を与えています。

 

ミントの白いダースの断面

f:id:tukkoman:20200512154305j:image

ミントの白いダース』の断面を見てみるとパッケージの写真のように思いっきり青いという感じではなく、周りのホワイトチョコの色が上手く合わさっているような感じの顔です。

 

ミントの白いダースを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20200517124930j:image

ミントの白いダース』を食べてみた感想ですが今までのミントチョコの印象とは少し違うような印象ですね。

今までのミント商品といえばカカオを使った黒いチョコレートとミントの組み合わせでしたが、今回はホワイトチョコレートの甘さとミントの爽やかさを合わせることによりミントの爽やかさを残しつつ甘さもあり、新しいチョコミントの発見なようなチョコミントでしたね。

今まではカカオの黒いチョコレートとの組み合わせが鉄板でしたが今後はホワイトチョコレートとミントの組み合わせが増えていくような感じの印象でした。

気になる方は食べてみてくださいね~。