コンビニのチョコとアイス新商品の美味しい物を食べたいんじゃ!【コンオイジャ】

チョコやアイスを実際に食べて毎日レビュー!1年で365種類以上食べてるお菓子バカのブログ !レビュー商品が購入出来るサイト

ゴリゴリチョコフレーク!コンビニでも買える森永製菓の新しいタイプのチョコ菓子

f:id:tukkoman:20201126014259j:image

ゴリゴリチョコフレーク】を実際に購入して食べてみました。

販売サイトはこちら

ジャンル

(ブランド) チョコフレーク

(メーカー森永製菓

(カテゴリーチョコ菓子

(店頭販売価格 約138円)

 

ゴリッとしたハードな食感とチョコ感を味わえるチョコスナックで、オーツフレークやアーモンド、塩がアクセントとなり、飽きのこない連食性ある味わいだそうです。

あのサクサクとしたチョコフレークが、より食感的には歯応えがあるゴリゴリチョコフレークという商品が登場してきました。

f:id:tukkoman:20201126014310j:image

そしてこちらの商品はどのような感じでゴリゴリとした食感であり、チョコフレークと何が違うのかが楽しみな一品ですね。

 

【過去のチョコフレーク系商品】

ボムチョ!不二家が販売するコンビニ小袋チョコ。食べごたえあるチョコ菓子

ブラックサンダー フレーフレーク味!香ばしさ満載の食べごたえがある美味しいチョコ菓子

スポンサーリンク
 

実際に食べた感想は?

f:id:tukkoman:20201126014259j:image

ん?チョコフレーク?

食べた瞬間はとても硬くチョコフレークの食感というよりはクッキーを食べているような感じの商品です。

チョコフレークという名前がついていますがチョコフレークとは全くかけ離れたような感じの食感で、イメージ的には薄くしたかりんとうのような硬い食感が感じられます。

味的にはチョコフレークをビターにしたような感じの味でほろ苦さなども感じられるような味ですが、だからとはいえ甘さが無いというわけではなく、ほんのり甘さが感じられるといった感じの作りです。

ジャンル

(ブランド) チョコフレーク

(メーカー森永製菓

(カテゴリーチョコ菓子

 

今回はその【ゴリゴリチョコフレーク】を実際に食べて具体的にレビューしたいと思います。  

f:id:tukkoman:20201126013836j:image

スポンサーリンク
 

ゴリゴリチョコフレークのパッケージや詳細

f:id:tukkoman:20201126014259j:image

パッケージを見てみるとコンビニなどで最近よく目にするチョコレートのパウチ商品と大きさや形などは同じような感じの作りとなっております。 デザインに関してはチョコレートの茶色い感じとチョコフレークのイメージなのか赤を基調としている感じのデザインとなっております。

 

ゴリゴリチョコフレークの内容量や原材料

f:id:tukkoman:20201126014334j:image
ゴリゴリチョコフレーク』の原材料を見てみると一般的なチョコレートの原材料とやはり違うような原材料でオーツ麦フレークやローストアーモンドなどが全体的に香ばしいような感じの材料が使われているのが印象的です。

【内容量】

28g
【原材料】

砂糖、小麦粉、チョコレートチップ、ショートニング、ココアパウダー、オーツ麦フレーク、ローストアーモンド、全粉乳、カカオマス、食塩/膨脹剤、香料、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(ビタミンE)

 

ゴリゴリチョコフレークのカロリーや栄養成分

f:id:tukkoman:20201126014344j:image

カロリーを見てみると136kcalということで実はこのカロリーはチョコ菓子の中でもかなり低めのカロリーとなっております。 普通のチョコ菓子のカロリーが250kcalぐらいですので、そう考えると100kcalぐらい低いお菓子となるのでダイエット系お菓子ぐらいのカロリーとなっております。

エネルギー:136kcal
たんぱく質:1.7g
脂質:5.7g
炭水化物:19.4g
食塩相当量:0.16g

 

ゴリゴリチョコフレークを開けてみた

f:id:tukkoman:20201126014355j:image

開け方ですが普通のパウチ商品と開け方は変わらない感じで上のところに切れ目がありますので、そちらから切っていただければ商品を開けることができます。 中には商品がそのまま入っておりますので食べる時には手が汚れだけ気をつけてください。

f:id:tukkoman:20201126014406j:image

スポンサーリンク
 

ゴリゴリチョコフレークを食べてみた感想

f:id:tukkoman:20201126014525j:image

ん?チョコフレーク?

食べた瞬間はとても硬くチョコフレークの食感というよりはクッキーを食べているような感じの商品です。

チョコフレークという名前がついていますがチョコフレークとは全くかけ離れたような感じの食感で、イメージ的には薄くしたかりんとうのような硬い食感が感じられます。

味的にはチョコフレークをビターにしたような感じの味でほろ苦さなども感じられるような味ですが、だからとはいえ甘さが無いというわけではなく、ほんのり甘さが感じられるといった感じの作りです。

 

ゴリゴリチョコフレークの外見

f:id:tukkoman:20201126014419j:image

外見を見てみるとチョコフレークというよりは茶色いクッキーという感じの外見です。形の大きさ的には500円玉を少しを大きくしてようなぐらいの大きさとなっており、中にアーモンドなどが外見から分かるような感じとなっております。

 

ゴリゴリチョコフレークの断面

f:id:tukkoman:20201126014430j:image

断面を見ていますのこちらも実はチョコフレークというよりはクッキーの断面というような感じに近い感じとなっております。クッキーと言いつつ違うところは小麦粉を使われていないので空洞が所々にあるといった感じでしょうか。

 

ゴリゴリチョコフレークを食べてみたまとめ

f:id:tukkoman:20201206053940j:image

ゴリゴリチョコフレーク』を食べてみた感想としましては、正直これはチョコフレークではありません。クッキーの方が表現として正しいかと思います。

全体的にはかなり固めの商品となっておりますので年配の方は少し厳しいかと思いますので食べる時などは気をつけてください。

気になる方は食べてみてくださいね~。

ジャンル

(ブランド) チョコフレーク

(メーカー森永製菓

(カテゴリーチョコ菓子

 


 

コンビニチョコの新商品、発売日一覧

【チョコやアイスのランキング一覧】